1. ホーム
  2. ITフリーランス・フリーエンジニアとは
  3. ≫派遣社員からITフリーランスへ、実力勝負のフリーエンジニアの時代

派遣社員からITフリーランスへ、実力勝負のフリーエンジニアの時代


ITエンジニアのように専門性の高い仕事になると、多くの会社でアウトソーシングによって人材を調達しています。IT専門のエンジニア派遣会社などに委託し、派遣社員として常駐してもらうケースです。

誰もが名前を知っているような大手企業でも、ITエンジニアは派遣社員であることが少なくありません。その理由は実に簡単で、社内で人を育てるだけの能力がないからです。人を育てるとなると、育てる側の知識も求められます。しかし部署移動や転勤の多い大手企業では、エンジニアを育てられる人材も環境も整っていません。そこで専門知識を持った派遣社員を受け入れ、社内のIT関連業務を任せる、というスタイルを取らざるを得なくなっています。
新しいシステムを立ち上げる際に短期間派遣される、というケースもないわけではありませんが、ほとんどが派遣先に常駐するスタイルのフルタイム勤務です。社外の人からは派遣社員であることさえ分かりません。IT業務についての知識は正社員よりも高いため、会社での信頼も厚く、頼りにされています。
派遣社員といえば、正社員よりも給料が少ない、仕事が不安定、というイメージがありますが、ITエンジニアに関してはそれは当てはまりません。なぜならITエンジニアのほとんどが、派遣会社の正社員として雇用されているからです。需要が多いITエンジニアは、仕事がなくなるということはほぼ考えられません。

しかし、仮に派遣先から契約終了を言い渡されて、次の派遣先が見つからなくても、正社員ですから会社から給料が支払われます。会社都合の休業扱いで、給料は何割か減らされることが多いですが、それでも無収入になることはありません。そもそも、ITエンジニアは、派遣先が見つからない、などという状況にはなりにくいほど売り手市場です。同じ企業で働き続けることが可能かといえば、一概に可能とは言えませんが、仕事がなくなる心配はないと言えます。そういう意味では、雇用が不安定とは言えないでしょう。
必ずしも正社員よりも給料が少ない、ということもありません。専門職ですから派遣先も高い給料を支払ってくれます。同年代の正社員として働く会社員よりも高いことが多いでしょう。しかし、派遣社員である以上、派遣先から支払われる給料の一部は派遣会社にマージンとして取られます。ITエンジニアの給料は、その分下がることになります。万が一仕事がなくなっても雇用が維持される正社員ですから、派遣会社にマージンを取られるのは仕方がない、という考え方もあるでしょう。

しかし、そもそも売り手市場ですから、派遣会社の正社員として所属しているメリットは、それほど多くない、と考えることもできます。もしも派遣会社に所属していなければ、派遣先から支払われるお金のほとんどは、給料として受け取ることができます。ITフリーランスとして独立しよう、そう考える人が出てきても不思議はありません。
フリーエンジニアの一番のネックは、仕事がなければ収入がゼロになる、ということです。自分で仕事を取り、給料の交渉もするのがITフリーランスです。ITスキルはもちろんのこと、商才もなければいけません。しかし、ITのフリーエンジニアはそれほどハードルは高くありません。派遣社員だった時は、派遣会社がかなりのマージンを取っているのですから、報酬面で折り合いがつかない、ということは少ないでしょう。仕事を取ることは難しくないはずです。
日本では、フリーランスという職業に胡散臭い目を向ける人が少なくありません。会社員は安定していて信頼できる人、フリーランスは浮き沈みが激しい、そんなイメージもあるでしょう。しかし、今は定年まで働けて当たり前、という時代ではありません。実力勝負のフリーランスこそ時代に合った考え方と言えるのではないでしょうか。