1. ホーム
  2. ITフリーランス・フリーエンジニアとは
  3. ≫ITフリーランスは満足度が高いものの、フリーエンジニアとしてのシビアな闘いが

ITフリーランスは満足度が高いものの、フリーエンジニアとしてのシビアな闘いが


転職といえば、会社から会社というイメージが強いですが、脱サラも立派な転職です。会社員から自営業、個人事業主へ、という道もあるでしょう。ITフリーランスとして活躍しているエンジニアは、ほとんどがもともとはどこかの会社の正社員です。高いスキルとそれを維持するための努力に見合った報酬を得られないことを理由に、独立してフリーエンジニアとして活躍する道を選びました。現在、企業のITエンジニアとして活躍している人の中には、独立を視野に入れている人もいることでしょう。しかし、サラリーマンとフリーランスとでは何かと違いが大きすぎるため、不安が大きいのも事実です。もちろんメリットもあれば、デメリットもあります。それを踏まえた上で、独立すべきかどうか決断を下しましょう。
フリーランスで活躍するITエンジニアの多くが、独立したことを後悔していない、と言います。会社に残っていれば良かった、などという声は聞きません。成功している人の声しか表に出てこない、という傾向は確かにありますが、それを差し引いても後悔する人が少ないのは事実でしょう。後悔していないことと、フリーランスとして成功していることは違います。独立前のほうが年収が良かった、という人も中にはいるでしょう。しかし、自分の道を自分自身で切り開いている満足感で、輝いている人が多いのも事実です。自分自身成長した、と感じる人が多いという特徴もあります。
企業の正社員としてITエンジニアの仕事をするのと、フリーエンジニアとして仕事を請け負うのにはさまざまな違いがあります。その違いを知れば、自分が企業戦士に向いているのか、それともITフリーランスを考えるべきなのか、見えてくるでしょう。それでは気になる待遇面を比べてみましょう。
企業の正社員の場合、基本的には会社の命令に従わなければなりません。仕事の内容や、勤務地すら選べません。ITエンジニアとして採用された場合、まったく畑違いの仕事に異動を命じられることは少ないですが、可能性はゼロではありません。労働契約書はあるものの、その多くは会社に人事権が与えられている内容になっており、事業方針や経営状況によっては職種の変更もあり得る、となっているはずです。給料はエンジニアだからといってほかの職種より大幅に高いことはありません。一部手当てがつくとしても、基本的には職種による違いがなく、フリーランスに比べると安いといえます。その代わり、よほどのことがない限り、解雇されることはありません。年功序列、終身雇用制が崩れつつあると言われていますが、それでも労働法によって正社員は手厚く守られており、容易に解雇できないことになっています。やりがいや給料にこだわらなければ、定年まで安泰、と言えるでしょう。
それに引き換えITフリーランスの場合、定年どころか1年先の雇用すら保証されていません。仕事の失敗は即契約終了につながり、無収入のリスクが常につきまといます。実力の世界であり、庇ってくれる上司も責任を押し付ける部下もいません。大変シビアな環境で働くことになります。しかし、給料は相対的に正社員よりも多くなります。そうでなければ誰もフリーランスなどしませんが、実際には多くのITフリーランスが活躍しています。雇用主から見ると、正社員は不景気でも解雇できない存在であり、高い給料を保証し続けることなどできません。その点、フリーエンジニアには給料に見合った報酬を支払います。仕事がなくなれば契約を終了させれば良いだけであり、契約中は充分な働きをしてもらいたいからです。もちろん勤務地や職種が変わるようなことはなく、生活リズムが狂う心配はありません。