1. ホーム
  2. ITフリーランス・フリーエンジニアになる方法
  3. ≫ITフリーランスとして生きる。フリーエンジニアになるということ。

ITフリーランスとして生きる。フリーエンジニアになるということ。


ITは転職の多い業界では、その理由が「やりがいが無い」というケースが多いです。管理者や営業ではあまり見られませんが、エンジニアの多くが営業方針に制限されてやりたい仕事をやらせてもらえないのが現状です。

また仕事量は多いのにも関わらず給料が少なく、人材を育成する制度が会社に整っていないなど様々な不満が蓄積しています。ITフリーランスはそれを解消するための一つの方法です。フリーエンジニアになれば好きな仕事に専念できるため、仕事へのモチベーションが上がります。給料面では営業費用や管理費用、会社の利益などで差し引かれることがないので、報酬の全てを受け取ることができます。

もちろんフリーランスなので営業などを全て自分で行うので、報酬の中から諸経費を引くことになります。しかし一般的な会社のように能力が低く業績に大して貢献できていない社員と同じ給料で我慢するストレスがありません。スキルにある程度自信があり、一人でもこなせる人によっては仕事によって得られる満足度の高さが魅力です。実際に社員として働いていた時は月収が20万円に満たなかった人が、フリーエンジニアに転身してから少なくても月収60万円、調子の良い時は100万円を稼ぐことができたケースもあります。

自己管理がきちんとできれば、時間に成約がないので自分の都合で休日を決めることができます。体調を崩しても無理に仕事をする必要はなく、学校行事や旅行などの家族サービスを犠牲にすることもありません。

フリーエンジニアが最も苦労すると言われるのが、営業です。会社員時代に自分で仕事を受注するという経験がありません。クライアントが見つかっても自分の利益になって相手にも不信感を与えないギリギリのラインで契約内容を変更するスキルも必要です。営業を成功させるには、高いコミニュケーション能力が必要です。

会社のブランドを背負わなくなったのでプレッシャーは軽くなりますが、自分で全ての責任を負うことを理解しなければ、不誠実な人間だと見なされ人柄で契約を逃してしまいます。さらにプロジェクトに参加するたびに新しい顔ぶれなので、自分のスキルを積極的にアピールする力も大切です。仕事を受けるたびに様々なスキルが試されていると言っても過言ではありません。失敗すれば二度と依頼しない可能性もあるため、一つ一つの仕事に真摯に向き合う姿勢を持つとキャリアアップにつながります。

エンジニアは横のつながりが希薄なので、フリーでまとまった月収を安定して得るには、より多くのクライアントを見つけることがポイントです。名刺をたくさん作り、契約してもらえなくても顔と名前を売ります。自分が得意とする分野がその人の望むスキルでなくても、知り合いが依頼してくれることがあります。クライアント同士のネットワークで、名前を挙げてもらうことで依頼されるチャンスを増やします。

インターネットを利用すれば、ITフリーランスをターゲットにした案件紹介サイトがあります。これらのサイトでは利用するのにお金がかかりクライアントとの関係も深くはなりにくいですが、全く依頼がない時は一定の収入を得るのに便利です。

最初は月収20万円以上を目指して業務をこなし、慣れてきたら名刺を配り歩くのも戦略としておすすめです。どのように自分を売り込むのかに関係なく、フリーエンジニアが成功するためには、スキルが高水準でなければなりません。あらゆる業務を得意とアピールできるのが一番ですが、特定の分野でも十分通用できるスキルを持つことが大切です。そのためには何が自分には向いているのかを冷静に判断する必要があり、それが分かってから独立します。